矯正2度目24歳で気付いた開咬+下顎前突治そうか

中学生時代に上だけ部分矯正し、24歳で真実に気づき、もう一度矯正をしなければならないと絶望した中二病の矯正治療の記録を綴る日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今まで経緯

今までの絶望経緯


3月26日 電話相談する

【内容】

・歯の隙間がを塞ぎたい・すき間から空気漏れして話にくいと申告するも

先生「はじめて聞いた」(1回目)

と言われる・・・もう絶望しかない

ついこの間まで隙間を塞ぐのが困難だと言っていた人が・・・完全に責任を放棄した



3月31日 相談と調整

【内容】

・ディスキングにするかインプラントにするか治療方針を決めてきてほしいと言われる。



4月19日 調整 犬歯を引っ張れば治療

【内容】

・前回のディスキング、インプラントの話はなしになり・・・
・犬歯を引っ張れば隙間は埋まるといわれ調整する。



5月10日 調整 ブラケット外れる

【内容】
・犬歯を引っぱりすぎてブラケット外れる
・この時はほぼ説明なしでドンドン治療を進めてしまう。
・治療が終わった後に前回と同じ犬歯を引っ張る治療をしたといわれ絶望する。



5月24日 相談 

【内容】

・先生「隙間は横からの隙間の事を言っていたの??」
・はじめて知った(2回目)と言われる 
・犬歯を引っ張ったのは前からの見たときの隙間を防ぐため



5月28日 相談 型どりをする

【内容】
・型を見て次回治療方針を相談する申告
・次回ディスキングやマルチループの治療の相談



6月9日 相談 

【内容】
・犬歯を斜めにすると言われる
・ディスキングで削る量については歯を斜めにしないとわからない
・一体何のために型をとったのか??
・ディスキングやマルチループの話ではなく歯を斜めにする治療の話をされる
・歯は引っ張ったり、曲げたりはNGと事前に伝えたにもかかわらず


6月22日 転院探し中 ←今ココ 


もうこれ以上医院に通っても

私「隙間をうめてほしい」
 ↓
先生「はじめて知った」

のループになる事は間違いない
さらに犬歯を引っ張り上げたり曲げられたりその場しのぎ「ごまかす」治療を
される事だろう・・もうこのループから解放されない限り私の精神が持たない。

治療が遅れている事を申告したら
逆に謝ってと言ってくる医師の元でこれ以上治療は出来ない

というのが本音

関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

やまだやまだ

Author:やまだやまだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。